1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】百合根が作用する臓腑とは?

【薬膳の効能】百合根が作用する臓腑とは?

百合根百合根蒸し(胡桃の庭の薬膳より)

百合根の主な効能

涼性

1. 肺に潤いを補い、咳を止める

2. 精神不安を改善する

百合根は肺と心に作用する

中医学では、肺は乾燥に弱い臓腑とされます。

肺が乾燥すると空咳が出たり、お肌が乾燥するなど様々な症状があらわれますが、こんな時に薬膳では百合根を使い肺に潤いを与えます。

百合根は精神不安を和らげる

また百合根には、精神不安を和らげる作用もあります。

この場合の精神不安とは「心熱」から来るものを指しますが、イライラ、ソワソワと落ち着かない状態をイメージしてみてください。

こういった心の状態を改善し、精神不安、不眠、夢が多い眠りを改善するのが百合根の特徴でもあります。

補足説明 百合根を乾燥させたものは補陰薬として使われます。「百合(びゃくごう)」と呼び名も変わります。

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの