薬膳料理教室「胡桃の庭」(横浜) ☆冷え・美髪・更年期対策

【40歳からの薬膳】40代からの健康は「プチ不調」を見逃さないこと

calendar

40代からの健康は「プチ不調」を見逃さないこと

30代までは大きな不調は感じなかったのに、40歳を迎えると色々な変化に気づきます。

体が疲れやすくなった、お肌の調子が以前とは違う、肌や髪が乾燥する、体が火照るなど…人それぞれの“かたち”としてでてきます。

このような「病気ではないけれど、実は気になる不調がある」というケースは、決して珍しいことではありません。

中医学ではこの状態を「未病」と呼びます。今起こっている症状は、体内のバランスの崩れを表す“サイン”というわけです。

不調の初期段階で手を打てば、結果は変わる

ところが症状が軽い、いわゆる“プチ不調”の場合、私たちは案外そのままにしてしまうことも多い気がします。

病院に行くほどではないし、切羽詰まった状況でもない。
なんとなくそのまま時が過ぎ、やがて本格的な症状が出てくる…

こういったパターンになりがちなのですが、
体がサインを出した「初期段階」で手を打てると、結果はもっと変わってくると思います。

軽いうちに「薬膳」で治す。

比較的軽い不調であれば、薬のような強い作用を持つものよりも、“穏やかな作用”を持つ「食べ物」の方が、むしろ合っています。

スーパーの食べ物と言えど、薬と同じようにそれぞれに薬効(薬よりは穏やかな作用)を持っています。使うべき場面で使えば、ちゃんと役立つ力をもっているのです。

【重い不調の場合は…】
薬が必要になるケースも多いため、医師や専門家へ受診することをおすすめします。
そのうえで、治療方針に合った「薬膳」で食養生してください。治りも早くなります。

自分にはどんな食べ物が必要かを探るためには、中医学が必要。

ただし、不調を治すためには「自分にはどんな食べ物が必要か??」
この点をしっかり考えることが非常に重要です。(体の状態に合ったものでなければ、体を修正することはできないため)

そして体の状態を判断する時は「中医学」の考え方がもとになります。
ちなみに薬膳は正式には「中医薬膳」と言います。

薬膳でカラダを更新し続け、軽やかに生きていく

特に40代~50代以降は、体からのサインを受け取って自分自身を更新していくことが大切。きちんと取り組んでいけば、70代以降の健康度も確実に違ってくると思います。

その意味で、40代~50代はターニングポイントと捉えてみてください。女性の養生講座」は、そんな大人の女性の皆様に向けた講座であり、講座の内容も毎年更新し続けています。

私も教室のみなさまを応援する気持ちで登壇し、薬膳の知恵を精一杯お伝えしたいと思っています。