1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳入門】気が流れてこそ、血は流れる

【薬膳入門】気が流れてこそ、血は流れる

当教室では基礎の段階から「気」という概念が出てくるのですが、中医学では「気」という無形のものが「血」「津液」といった有形を動かす。という考え方があります。

気が血や津液を動かしているという解釈なんですね。
逆に言えば、気が流れないと血の流れは悪くなりますし、水の流れも悪くなります。

健康情報のひとつに「血行不良の人は血液をサラサラにする食べ物を食べると良い」というものがあります。

「血液をサラサラにする食べ物」を食べれば、果たしてだれでも血流が良くなるのか?

中医学で考えれば、人によります。

例えば、血の質が悪い(いわゆるドロドロ血)せいで血の流れが悪い人にとっては、血液をサラサラにする食べ物はプラスでしょう。

しかし「気が滞っているせいで、血が流れないタイプ」の人にとっては、血液をサラサラにする食べ物は解決策にはなりません。
「気の流れを良くする」ことが本当の解決策なのです。なぜなら気の流れが悪いせいで、血の流れが悪いからです。

ちなみに、気の流れはメンタルと密接に関わります
ストレスフルな状態が続くほど気が滞るため、食事だけでなく精神養生も含めて生活全体で考えていくことが大事です。