開講中「6ヶ月集中クラス」「基礎クラス」

はじめての薬膳

薬膳を学ぶ前の「超」入門~誰も教えてくれない4つの基本~

更新日:

最近は薬膳関連の一般書籍や教材をお読みになってから、本校にいらっしゃる受講生の方が増えています。しかし…

「ひととおり読んでみたけれど、よく分からなかった。。」

が多くの方に共通する感想=お悩みのようです。

理由はいくつかあると思いますが、

  • 言葉が難しい
  • 気や陰陽、五臓六腑の概念がイメージしにくい
  • 理論をどう実践に結び付ければいいかが分からない

多くの初心者がぶつかる壁 (挫折するとすればこのあたり)だと思います。

読むだけでは薬膳の理解は難しい

極端に言えば、

薬膳の書籍や教材は基本的に結論だけが書かれているものが多く、
※わかり易さを重視し極端な表現にします

初心者が結論だけを読んでも、

簡単には理解できない、腑に落ちない

点が出てくるのは、当然といえば当然かもしれません。

薬膳の基本のきほん

薬膳の「背景」を知っていれば、不要な混乱は避けられますので、

これから薬膳を学ばれる方向けに、4つの大事なことをお話しします。

1.医学が違う

薬膳を学ぼうとすると「中医学」の知識が必要になります。

一般的に「西洋医学」の方がなじみ深いという方は多いと思いますが、

西洋医学の考え方で薬膳を理解しようとすると、当然ながら混乱が生じます。

ココがポイント

薬膳は「中医学」に属すると認識しましょう

2.成り立ちが独特

すごく簡単に言えば、

中医学は「学説」の集まりです。

例えば陰陽・五行は「陰陽学説」「五行学説」という別々の学説です。

「中医学」という統一的な世界の中で、いくつもの学説が共存共栄している為、

全体として見た場合は一見、一貫性がない世界とも受け取れます。

たぶんこの点が分かりにくく、混乱のもとではないかと思います

ココがポイント

そもそもの中医学の成り立ちを把握しましょう。不要な混乱は避けられます

3.用語の問題

中医学は用語の意味の範囲が非常に広いことも、薬膳初心者には大きな壁ではないでしょうか?

同じ言葉でも時代によって意味が変化したり、定義がはっきりしないケースも中にはあります。

ココがポイント

こういった場合は悩まずに、変化した、はっきりしないとだけ理解して、先に進むのが得策。 (答えが出ないこともあるので)

4.時代の差

薬膳は古代の思想や哲学が基になっているため、

薬膳を現代の思考法で理解しようとすると違和感を感じることもあろうかと思います。

ココがポイント

あらかじめ時代の差を意識に置きましょう (無理に現代に引き寄せて考えると、かえって理解しにくいです)

以上4つのことだけでも知っていれば、薬膳を学ぶうえでの混乱は減ると思います

分かれば、薬膳はおもしろい

本校では代表が全クラスの講座を行っています。

多くの方が疑問をお持ちになるポイントをおさえた上で、

解釈の仕方や捉え方を解説し、よりスムーズに理解して頂ける薬膳講座を目指しています。

以前から興味がてら読んでいた薬膳の本がありましたが、ぼんやりとしか内容をつかめていませんでした。が、大根田先生のお話を拝聴するごとに「そういうことだったのね!」と思える瞬間が増えてきて心底嬉しいです!(基礎クラス)

難しい中医学をかみくだいて教えて下さり、また現代に合った先生独自の解釈を交えてのお話は腑に落ちる事が多く、いつも楽しく受講しています。(初級クラス)

「血」が何たるものなのか、ゾクゾクするほど理解出来て充実感でいっぱいです!素晴らしい講義をいつも有難うございます。(基礎クラス)

-はじめての薬膳

Copyright© 横浜 薬膳料理教室 胡桃の庭☆冷え・更年期対策 (神奈川 薬膳スクール) , 2019 All Rights Reserved.