1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】ピーマン・パプリカの効能 気の流れに作用する

【薬膳の効能】ピーマン・パプリカの効能 気の流れに作用する

プリンセスパプリカのサラダ(胡桃の庭の薬膳より)

ピーマン・パプリカの主な効能

 平性

1.  気の流れをととのえる 

2.  胃の機能をととのえる

気を整える食べ物

ピーマン、パプリカは、基本的に気の巡りを良くする食べ物です。

専門的に言えば、特に「肝」や「胃」の気をととのえたい時に向いており、気が鬱結して巡りが悪くなっている時や気が上逆して降りない場合に役立ちます。

例えば、イライラ、鬱々、怒りっぽい、ため息が多い、胸が脹る、脇が脹る、月経不順などは肝気が鬱結した時に表れる症状です。
こんな時ピーマンやパプリカが役立つわけですね。

また食欲がなく、胃が脹って苦しい、吐き気、ゲップが多いなど胃の気が正常に降りない時(胃の気は降りるのが正常)などもピーマンやパプリカが有効です。

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの