1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】玄米の効能 玄米と発芽玄米の違いとは?

【薬膳の効能】玄米の効能 玄米と発芽玄米の違いとは?

玄米梅ごはん(胡桃の庭の薬膳より)

玄米の主な効能

 平性

1.  脾・肝・腎の機能を高め、気を補う

2.  余分な水分を尿で排泄する

3.  痰をとりのぞく

玄米は気を増やし、余分を捨てる

玄米は脾、肝、腎の機能を高めます。

中医学の脾とは消化吸収能力を指します。肝は血をたくわえ、気血津液をスムーズに流す役割があります。

腎は成長、老化、生殖機能に深く関わり、全身の水液代謝の要であり、深い呼吸を成り立たせる働きがあります。

玄米はこれらの機能を高め、全身のエネルギーである気を増やします。

そして玄米は体内の水液代謝を高め、不要な水分や痰(水分が長期的に停滞して濁り粘りを持った病理物質)を排泄する作用もあります。

補足説明 ここで言う「痰」とは肺以外の場所にも停滞するものとイメージしてみてください。(西洋医学とは解釈が異なります)

発芽玄米は未消化物を解消する

一方、発芽玄米は玄米と同じように脾の機能を高める作用のほか、未消化物を消化させる作用を持ちます。

消化不良で胃がもたれた時は、玄米より発芽玄米の方が向いています。

玄米を食べる時の注意点

私は玄米派のひとりですが、注意したいのは「消化吸収」の問題です。

よく噛まないと十分に消化できず、体に吸収されません。
もともと胃腸が弱い方、ご高齢の方、病後の方は、よく噛んで食べないと、かえってダメージになる可能性もあります。

その意味では、玄米は”もろはの剣”とも言えます。

あなたにはどの形が合う?

消化力が弱めの方は、玄米を五分づき、七分づきにすると良いと思います。あるいは、おかゆにしても良いと思うんですね。

慢性的な虚弱体質の方や病後の方は、玄米を炒ったものに水を注いで煎じ、スープを飲むと良いと思います。

いずれにしても、玄米を食べる時は「消化まで含めて考える」ことが重要です。

 

ポイント 玄米については現代も様々な研究がなされていますが、玄米にビタミンCはほとんど含まれないそうです。

やはり完璧な食べ物ってないのですね。
「豆類、芋類、野菜、きのこ、海藻などを合わせてバランスよく食べる」という当たり前の話に落ち着きます。

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの