1. HOME
  2. セミナー
  3. 中医薬膳講座
  4. 【中医薬膳講座】脾が弱ると薬も吸収できない!

【中医薬膳講座】脾が弱ると薬も吸収できない!

今回は「脾」のお話です。

間違えてはいけないのは、西洋医学の脾臓とは全く違うということ。

中医学では、消化吸収という処理能力を「脾」という言葉で表しています。
そして消化吸収の作業場を、「胃」に代表させているとイメージしてみてください。

消化とは、「消して化ける」ことです。
食べ物の形が消えて、別のものに姿が化けます。ある種の「解体」作業とも言えます。

一方、吸収とは「情報の再構築」と捉えることができます。
消化して別の形に変わったものから、気・血・津液という新たな物質に作り変えることで、はじめて体内に取り込み、活用することができます。

この一連のことを、普段私たちは「消化吸収」と呼んでいますが、中医学ではこの機能を「脾」と呼びます。

脾の不調は症状にあらわれる

脾の調子が良けば、食べたもの、飲んだものをどんどん消化・吸収できるわけですが、脾に何らかの異常があると様々な症状が出てきます。例えば、

・食欲不振 

・食後胃がもたれる

・腹痛、腹部脹満感

・水腫(むくみ)、便がゆるい、下痢

・味覚異常

・下痢しやすい

 

脾が弱ると薬も効きが悪い可能性

薬膳が脾を重視する最大の理由は、脾が弱ると食べ物を吸収できなくなるからです。

極端に言えば、脾が弱ると、飲んだ薬も吸収できず薬の効きが弱まる可能性があります。

 

脾は体全体の問題ですので、薬膳をやるうえでは非常に重要なんですね。
脾の働きは「運化」「昇清」「統血」の3つありますので、講座ではそちらも詳しく解説します。
そして脾を養生する食材と薬膳をお伝えいたします。

 

| 中医薬膳講座