1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】くるみの効能 クルミは冷えと老化症状を緩和する

【薬膳の効能】くるみの効能 クルミは冷えと老化症状を緩和する

くるみの主な効能

温性

1.  腎精を増やし、腎陽を補う

2.  肺を温め咳を止める

3.  大腸を潤し便通を良くする

胡桃肉という補陽薬

くるみは西太后の好物だったと言われます。また古い書物には「胡桃は人を元気にして肌を潤し、髪を黒くする」という記載があります。

薬膳ではくるみは腎の機能を高め、腎精を増やすとされ、各種老化症状の緩和に使われます。

またくるみは「胡桃肉(ことうにく)」という補陽薬でもあります。
腎陽(体の根本的な陽気)を増やす生薬として昔から使われてきました。陽虚タイプもにおすすめです。目安としては1日15~20gくらい摂ると良いでしょう。胡桃のおしるこ(胡桃の庭の薬膳より)

くるみは肺と大腸にも作用する

胡桃は肺にも作用し、慢性の咳や喘息を改善する作用も持ち合わせています。

また中医学では肺と大腸は表裏関係にあります。胡桃は大腸にも作用して腸に潤いを与えます。腸内が乾燥して便秘ぎみの人に向いています。

この性質はくるみ油にもあります。

ポイント  胡桃は脂肪分が多いため、食べ過ぎるともたれやすく、熱をもちやすい側面があります。やはり自分の体に合わせて食べることが大切ですね。

くるみの料理教室・メニュー>