1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】小豆は捨てる、排泄、取り除く!

【薬膳の効能】小豆は捨てる、排泄、取り除く!

小豆茶(胡桃の庭の薬膳より)

小豆の主な効能

微寒

1. 余分な水分を排泄し、むくみをとる

2. 熱と毒素を捨てる

小豆は余分な水を捨てる

小豆は体内の水を巡らし、不要な水分を尿で排泄する働きがあります。

江戸時代は脚気の脚のむくみとりに使われていたと言われますが、小豆はむくみがちで体が重だるい時などにおすすめです。

ただし、むくみをとりたい場合は砂糖は使わない方が良いでしょう。甘味は「補益」の作用があるため、栄養や水分を体に引き込む作用があります。

つまり「甘く煮た小豆」は水の排泄作用が弱まりますので、むくみをとりたい場合はシンプルに小豆を煮だして「小豆茶」にするか、塩、昆布だしなどで小豆を炊いて煮豆でいただくと良いと思います。

ここがポイント ちなみに小豆は「赤小豆(せきしょうず)」という利水滲湿薬(余分な水を排泄する薬)でもあります。

小豆

小豆は熱と毒素を捨てる

小豆は体の熱をとり、体内の毒素を排泄する作用もあります。

体内に熱がたまっている人、特に体内湿気と熱が合わさったような体質の人におすすめです。

また赤く腫れたできものや化膿性のできもの、かゆみを伴う炎症性の湿疹などの治療にも向いています。

補足説明 現代では小豆のサポニンには脂質の酸化を抑える作用があり、動脈硬化の予防に良いという研究もあるようです。

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの