1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】もち米の効能 冬にぴったりの理由

【薬膳の効能】もち米の効能 冬にぴったりの理由

お餅

もち米の主な効能

温性

1.  脾の気を補い、体を温める

2.  排泄を渋らせる

もち米は気を補い、お腹を温める

もち米は体力、気力がない時におすすめです。胃を温めるので、冷え症や慢性疲労にも向いています。

寒い冬にお餅やお雑煮をいただくのは、理にかなっているんですね。

補足説明ちなみに私は疲れた時、お餅を食べると元気になります。これはもう、なんと言いますか理屈抜きですね。

もち米は排泄を渋らせる

一方、もち米は漏れ出るものを引き締めて体の内側にとどめる働きもあります。

例えば、下痢、尿の出すぎ、汗の出すぎを止める作用です。もともと尿の出が悪い方などには向きません。

熱タイプの人は中和させる

もち米は温性であるため、身体に熱を溜めている人、吹き出物など炎症性の疾患がある方が沢山食べたり、常食するのは不向きです。

こんな時は、寒涼性のものと合わせて中和・緩和させると良いでしょう。

例えば、大根もちは餅の温性を大根の寒涼性で中和しているひとつの例です。

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの