1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】柿の効能 柿と干し柿のちがい

【薬膳の効能】柿の効能 柿と干し柿のちがい

柿の主な効能

柿 寒性

1. 体の熱をとる

2. 肺に潤いを与える

  干し柿 平性

1.  肺に潤いを与える

2.  胃腸を養う

干せば冷やす作用はなくなる

柿は生では寒性で体の熱を取り去ります。

一方、干し柿は平性に変わり、冷やす作用はなくなります。

やはり干す段階で太陽(陽気)を浴びで水分が減るため、干し柿になると冷やす作用は弱まるわけですね。

柿は肺に作用する

柿と干し柿に共通するのは、肺に潤いを与える作用です。

特に秋は自然界の空気が乾燥してきます。すると肺に影響が及び、肺自体が乾燥して空咳などが出やすくなります。

こんな時は柿がぴったりです。やはり自然の摂理はうまくできていますね。

柿は酒毒を解消する

もうひとつ、柿(生)の特徴に「解酒毒」という作用があります。

柿はアルコールの分解を助け、熱を取り除くため二日酔いなどにおすすめです。

ここがポイント ちなみに、柿のヘタは「柿帝」という中薬で、しゃっくりを止める漢方薬として使われます。

 

関連記事

開講情報・残席情報

胡桃の庭からのお便り

初心者向け情報をLINEでお届けします!

 

友だち追加

人気の記事