1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】小麦粉と小麦の違い

【薬膳の効能】小麦粉と小麦の違い

小麦粉・小麦の主な効能

小麦粉(精白粉)・温性

小麦・涼性

※小麦全粒粉は「涼性」

1.  心の機能を高め、精神を安定させる

2.  体や口の渇きを止める

小麦粉は温め、小麦は熱をとる

小麦粉と小麦の違いは「四性」です。

薬膳には四性(熱・温・涼・寒)という分類があり、温めるか冷やすかを表しますが、

このモノサシでは、小麦と小麦全粒粉は涼性で体の熱をとり、精製された小麦粉は温性で体を温めます。

補足説明 要するに、精製の有無によって四性が変わります。(皮は涼性、実は温性とされるため)
※ただし今後の研究によって変わる可能性はあるかもしれません

小麦は心に作用する

小麦粉と小麦の共通の効能は「養心」という薬効です。

養心とは文字通り心の機能を養うことですが、特に心陰が不足した状況に適しています。

例えば、思い煩い、ストレスなどで心陰は消耗します。心陰が消耗すると、胸の熱感、イライラ落ち着かない、不安感が強い、不眠などの症状が出現します。

薬膳ではこのような時に小麦を使い、心を養って精神を安定させます。

 

ポイント 小麦は「しょうばく」という安神薬(精神不安を安定させる薬)でもあります。
例えば、甘麦大棗湯という漢方薬には小麦が配合されており、虚弱体質の人の心身の興奮状態をしずめる薬です。その他小麦は抑うつ感、精神不安、不眠などの治療の漢方薬に配合されます。

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの