1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】かぼちゃは実にも種にも薬効がある

【薬膳の効能】かぼちゃは実にも種にも薬効がある

かぼちゃの主な効能

温性

1.  消化吸収力を高め、気を補う

2.  肺に潤いを与える

3.  便通を良くする

かぼちゃは胃腸の働きを高める

かぼちゃは体を温め、胃腸の働きを高めます。

基本的に虚弱体質の方に向いています。胃腸虚弱タイプの方、冷え性の方は少しずつ継続して食べると良いと思います。

かぼちゃは肺に作用する

またかぼちゃは肺を潤し、空咳やゼイゼイした咳を改善する作用もあります。

中医学では「肺は潤いを好む臓器」とされ、肺が乾燥すると空咳が出たり、喉が乾燥してきます。

こんな時、かぼちゃが助けになります。

かぼちゃは大腸にも作用する

中医学では肺と大腸は表裏関係とされ、2つはつながりがあります。

かぼちゃは大腸にも作用し、便通を良くする作用もあります。

かぼちゃの種にも薬効がある

そしてさらに、かぼちゃの種は「母乳の出を良くする」「咳止め」「むくみをとる」「虫下し(寄生虫)」の薬効があります。

そのようなわけで、かぼちゃは実も種も薬効があります。捨てるところなしの野菜ですね。

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの