1. HOME
  2. ブログ
  3. 【薬膳の効能】ハトムギ・薏苡仁の効能 どんな時に効果的?

【薬膳の効能】ハトムギ・薏苡仁の効能 どんな時に効果的?

はと麦

ハトムギの主な効能

涼性

1. 水分代謝を高め、むくみや腫物を改善する

2. 熱を取る

ハトムギは「薏苡仁」という中薬

ハトムギは薏苡仁(よくいにん)という利水滲湿薬でもあり、基本的に水分代謝を高める作用、体の余分な熱を取る作用があります。

私たちは体に湿気や水分がたまった場合、いろいろな自覚症状を感じます。

例えば、むくみやしびれ、筋肉や関節のこわばり、痛みなどは体内に余分な水がたまった時に現れる症状ですが、こんな時薬膳ではハトムギを使います。

補足説明 専門的には風、寒、湿などの邪気が経絡や関節に悪影響を及ぼし、結果的に関節や筋肉の痛みが生じるというロジックです。

私はハトムギを少しまとめて下茹でしてから小分けにして冷凍し、色々なお料理に使っています。

サラダや炒め物に突然入れると、お料理に”面白み”が出るように思います。

【注意】ハトムギは子宮収縮作用がありますので、妊娠中(特に初期)は摂取を控えてください。基本的に体内の異物の成長を妨げる作用があります。

 

 

関連記事

【受付中】初心者の講座

【薬膳効能】すぐわかる効能事典

人気の読みもの