1. HOME
  2. セミナー
  3. 女性の養生講座
  4. 漢方からみた「がん」 癥瘕積聚の概念を理解する

漢方からみた「がん」 癥瘕積聚の概念を理解する

がん

今月のテーマは「がん」ですが、中医学に「がん」という病名はありません。

中医学は昔から塊やしこりの原因を弁証し、一貫性ある治療法を論じています。

「塊」が生じる背後には、気の停滞、血瘀や痰湿の存在などが関係し、そこに生活習慣なども絡みます。

女性の養生講座より

今回の講座では「癥瘕積聚」という概念を紹介し、中医学の視点でがんの発生につながる証と治法、適応食材についてお話します。

余分なものを溜めないこと

まずはシンプルに「余分なものを溜め込まない」ことを目指してみると良いかもしれません。

余分なものが溜まらなければ、気血の流れもスムーズになり、塊は発生しにくくなります。

昔から「腹八分目」という言葉がありますが、これを続けるのはなかなか難しくもあります。「なんだか溜まってきた~」と思ったら、一度そこでリセットする(食事を減らす)だけでも違ってくると思います。要は、余分なものを溜め込んだ状態を長期化させないことが重要です。

 

クラス一覧 >