6月中旬より秋の「1day入門講座」の受付を開始いたします

6ヶ月集中クラス

短期集中で薬膳をまなぶ

通常のわかる中医薬膳「基礎クラス」「初級クラス」「中級クラス」の内容を6ヶ月間で学びます。

講座は日曜・月1回

こんな方に

  • 仕事もあるため半年くらいで学びたい
  • 早めに資格を取得したい
  • 遠方にて通学回数が少ない方が効率がいい
  • 日曜・月1回ならスケジュールが組みやすい

2019年4月にスタートして9月に修了予定です。

 

学ぶ内容は共通

通常クラス」(全15回)と「6ヶ月集中クラス」(全6回)はテキスト・カリキュラム共通です (受講料もトータルで同じ)。 

※どちらのクラスも中級は2つのカリキュラムからお選びいただきます(両方受講可)

 

文部科学省所管生涯学習開発財団会員団体/日本女性心身医学会会員

【短期型】 6ヶ月集中クラス

第1回   2019年4月7日(日)
 体質改善への道1 「体質と寒熱」
 体質改善への道 2 「寒熱と薬膳・気血津液について」
 体質改善への道 3 「気虚・陽虚」


例えば同じ電車に乗っていても、暑さ、寒さの感じ方は人によって違います。あなたの体質(寒熱)を判断するためには全身を見る必要があり、尿や便などの排泄物もヒントになります。自分の体を知ることがカラダ改善への正しい道です。まずは寒熱の見分け方を解説します。

そして体の寒熱を調整するためには、食材をしっかり選ぶことが大切。具体例をあげて紹介します。
気血津液学説の勉強に入ります。「気力がない」「気をつかう」など日本語には「気」という言葉がありますが、気とはエネルギーであり体を温める力でもあります。気が不足すると疲れやすい、冷えやすいなどの症状があらわれます。その他日常の例をあげながら、おすすめ食材と養生法を分かりやすく解説します。

 

第2回   2019年5月12日(日) 
体質改善への道 4 「気滞」
体質改善への道 5 「気の不調を改善する薬膳」
体質改善への道 6 「血虚」

気の流れの変調はイライラ、閉塞感などのメンタルの不調と関係が深く、痛みとも一定の関係があります。講座ではメンタルと体の関係にスポットを当て解説し、気を巡らす食べ物もご紹介。

気に証の薬膳レシピを一挙ご紹介。「どういう意図をもってその食材を選んでいるのか」「なぜその組み合わせなのか?」など薬膳的な意図も解説します。一般的な情報や書籍ではなかなか言及されない“実際のはなし”も織り交ぜてお話します。

「血虚証」は西洋医学の「貧血」と間違われやすいのですが、イコールではありません。女性にとって「血」の問題は重要な問題(特に婦人科系の問題と関係が深い)ですよね。中医学の「血」の解釈とおすすめの薬膳食材、養生法を紹介します。

 

第3回   2019年6月9日(日) 
体質改善への道 7 「血瘀」
体質改善への道 8 「陰虚」
体質改善への道 9 「痰湿」

「シミやクマができやすい」「しこりができやすい」「生理痛が重く刺すような痛みがある」などの症状は中医学では血の停滞と関係が深いとされます。他の症状も解説しながら血の巡りを良くする食材と養生法も紹介します。

体内の潤い・水分量は陰陽バランスに大きく影響します。体内の水分が不足すると乾燥やほてりなど様々なの症状が出現します。水分を増やす食材と養生法を紹介します。

一方、カラダの中に水分が過剰に溜まってしまう体質も。体が重だるい、むくみやすい、水太りしやすいなど特徴的な症状が現れます。食事や生活習慣と関係が深く、問題点とおすすめ食材・養生法を解説します。

※後期につづく

※万が一日程に変更がある場合は約3ヶ月前にご連絡いたします

 

資格取得について

本校で取得できる資格

 

 

時間・受講料・会場

時間 : 9:30~16:30

講座受講料 : 前期(4月~6月)69,000円 /後期(7月~9月)76,000円

講師 : 国際中医薬膳師 大根田 笑子

会場 : アートフォーラムあざみ野
(東急田園都市線・横浜市営地下鉄「あざみ野駅」下車 徒歩5分 )

今期の受付は終了しました

次回2019年秋開講予定

投稿日:2019年2月9日 更新日:

Copyright© 横浜 薬膳料理教室 胡桃の庭☆冷え・更年期対策 (神奈川 薬膳スクール) , 2019 All Rights Reserved.