【同時受付中】✿3月 春の入門講座 /4月 基礎クラス  【新設】6ヶ月集中クラス

食材集中講座

砂糖も過剰に使えば毒となる…「調味料・香辛料」

投稿日:2019年1月18日 更新日:

今月の食材集中講座は「調味料・香辛料」がテーマでした。

塩、砂糖、みりん、醤油、酢、スパイス類…それぞれ性味、帰経、効能が異なります。

また「五味の働き」という切り口でみてみれば、酸味の収斂作用や鹹味の軟堅作用など、味そのものの作用も考えられますね。

さらに「五臓と五味」の関連で見れば、各臓腑と味には一定の関係があります。

調味料は極端に味が凝縮したもの、濃度の高いものとも言えますから、大量に飲んだり食べたりすれば五味全体のバランスを失って、五臓を傷つけることにもつながります。

ふだん、ちょっとお料理の味付けで使うくらいの量でしたら問題ないと思いますが、例えば「甘味」が好みの場合、どうしてもトータルで砂糖や甘味類の摂取量が多くなりがちなんですよね。

使う頻度が多い味がその味と関連する臓腑を傷つけ、その人の体質に影響していることもあります。

スパイス

今回の講座で調味料についてのポイントは把握できたのではないでしょうか。
注意点については少々驚かせてしまった感はありますが…、知識としてはやはり必要と思われます。

そして、個人的に思うのは・・・
私は調味料は質の良いものを使いたいと思っています。
基本的に原材料や製造方法などがしっかりしたもの。

これは安全面や味はもちろんのこと、効能に影響する可能性も考えられます。

やはり質の良いものの方が体にとって望ましいと思いますので、料理会でも良いものを使うようにしています。

-食材集中講座

Copyright© 横浜 薬膳料理教室 胡桃の庭★冷え・更年期対策 (神奈川 東京) , 2019 All Rights Reserved.