✿春の入門講座 2019年3月30日(土) 開講

◆ 食材効能集中講座

【講座】薬膳からみた食材の効能「芋類・豆類」

投稿日:

 

今月は芋類と豆類の効能を紹介しました。

例えばさつまいもの効能は「補気・健脾」(消化吸収力を高めて気を補強する)。
一方、里芋は「化痰・消腫」(膵液の停滞によって形成された痰・老廃物、むくみを除去する」が本質です。
つまり同じ芋類でもそれぞれに特徴があるんです。

白インゲン豆

これは豆類も同じことが言えます。
例えば、小豆は利水作用と言って、体内の水分代謝を高めて余分な水分を尿として排泄する作用を持ちます。

一方、大豆は消化吸収力を高めて気を補い、余分な体内の湿気を取り除く作用があります。

私たちは芋類も豆類も日々の生活でよく使いますが、薬膳から見た食材の性質を把握しておけば、
お買い物に行った時などに別の観点でチョイスできるという利点があると思うんですね。

そして体質改善においても、自分自身で日々の食事をコントロールしていくためには、やはりこういった食材の知識が役立つと思います。

今後も食材集中講座では「食材の本質」の部分を意識しつつお話ししていければと思っています。

-◆ 食材効能集中講座

Copyright© 横浜 薬膳料理教室 胡桃の庭★冷え・美髪・更年期対策 (神奈川・東京) , 2018 All Rights Reserved.