先着順「1dayわかる薬膳入門」「6ヶ月集中クラス」「基礎クラス」

わかる中医薬膳講座

【体質改善への道】病は“気”からは正しい

2019年5月17日

6ヶ月集中クラスは「気虚」「陽虚」「気の薬膳」「血虚」と一気に進みました。

中医薬膳において、気の解釈を理解することはとても大切だと思います。

体内のあらゆる物質は、気のエネルギーによって生み出され、気のパワーによって体内を流れます。

そして一定の温度を保つことができるのも気の力であり、ある形を「別の形」に変化させるのも気の力。というのが中医学の考え方なんですね。

もち粟のお粥

もち粟のお粥

つまり血や津液の生成や流れを下支えしているのは「気」であり、血や津液に限らずあらゆる物質の変調の背後には「気」の変調があると言えます。
まさに「病は気から」ですね。

今月お話しした「血虚」も背後に気虚があるわけですから、血虚向けの薬膳をつくる時には補気と補血両方が必要です。

これらを踏まえ、講座ではみなさまに薬膳を考えていただき1品挙げていただきました。

4月に始まったばかりですし完璧は全然求めていなかったのですが、ほぼパーフェクト!

皆さま、すごい理解力で驚きです。
来月はもう少し深いお話、面白いお話(多少複雑な話でもきっと大丈夫)を披露したいと思います。

-わかる中医薬膳講座

Copyright© 横浜 薬膳料理教室 胡桃の庭☆冷え・更年期対策 (神奈川 薬膳スクール) , 2019 All Rights Reserved.