季節の薬膳料理

【特集】季節の薬膳茶を愉しむ

更新日:

午後4時の薬膳茶

温かいお茶が嬉しい季節になりました。

私は午後4時くらいになったら、今やっていることを一旦中断してお茶にすることにしています。
(3時のお茶と言いたいところですが、実際あれこれ片付くのは4時ごろになってしまいます…)

「今日は何を飲もうかな?」
その日の気分や気候に合わせて、ストックから今日の材料を取り出します。

体を調える薬膳茶

体調や気候に合わせた材料で淹れれば、それがその人にとっての「薬膳茶」。
特別な中薬は要りません。体と食べ物の性質を合わせるこを意識しつつ、あとは自由に愉しみましょう。

秋から冬によく登場するのは「アップルクコティー」と「フレッシュアップルティー」

冬、しっかり気血を補いたい時は「なつめ甘酒」「龍眼なつめ茶」

体を温める「よもぎ茶」、デトックスに「たんぽぽコーヒー」

春の陽気でのぼせが強い時などには「菊花枸杞茶」

気の巡りが滞りがちな時には「ジャスミンティー」(ジャスミンの花入り)

気血の巡りが良くない時は「ローズティー」

夏に爽やか!「青みかんルイボスティー」

心もととのえる

色々ありますが、体を調えながら楽しめる「薬膳茶」は心にもゆとりを与えてくれる、一石二鳥の飲み物ではないかと思うのです。

そのようなわけで、私の生活の一部になっていますし、胡桃の庭のお料理会でも必ず1品はお茶をメニューに入れています。
やはり最後は皆様とともにお茶で締めくくるのが恒例の楽しみでもあります♪

-季節の薬膳料理

Copyright© 横浜 薬膳料理教室 胡桃の庭★冷え・美髪・更年期対策 (神奈川・東京) , 2018 All Rights Reserved.