✿春の入門講座 2019年3月30日(土) 開講

初級クラス

わかる中医薬膳2018・初級「水の停滞が長期化すると、病気を生む」

更新日:

今月は「痰湿証」の特徴的な症状、薬膳、養生法などを紹介しました。

このタイプは、日本人にはわりと多い体質と言われます。

なぜかと言うと、日本は海に囲まれているため湿気が多い傾向にあり、体もその影響をうけるため、体内にも湿気がたまりやすいわけなんですよね。

一時的に水の代謝が悪くなることは誰しもあるのではないかと思いますが、問題はそれが長期化した時なんです。

何等かの理由で「水の停滞」が長期化(半ば体質化)すると、やがて「痰飲」を生み、これ自体が病気のもとになります。
そして「痰飲」は気血の流れを邪魔するため、さらに様々な症状が生じるケースもあろうかと思います。

水分代謝が低下する理由としては、臓腑機能の低下、暴飲暴食、食事の内容、冷え、ストレス、環境など色々な要素が関係しますが、
いずれにしても「痰湿」と生活習慣病は関係が深く、私たち現代人の共通の問題ではないでしょうか。

こういったことを防ぐためには、やはり食生活の見直しが必要ですので、出来る限り現実的な話に落とし込んでお話ししたつもりです。

そしてもうひとつ。
現代の科学の研究で「水の代謝と体の細胞と食べ物の関係」について、非常に興味深い研究結果(!!)がありました
ので、こちらも合わせて紹介しました。

さて、次回は総まとめです。最初から要点をおさらいしつつ、私の方でもう一度全体像を整理したいと思います。

今までの中で疑問だったところや不安な点など、自由にご質問していただいて大丈夫ですよ~
9月にまたお会いしましょう(^_^)/~

 

-初級クラス

Copyright© 横浜 薬膳料理教室 胡桃の庭★冷え・美髪・更年期対策 (神奈川・東京) , 2018 All Rights Reserved.