◆ 女性の養生講座

薬膳と漢方から見た 「風邪」

更新日:

 

今月は風邪の解説でした。
ご家族にも応用していただける内容だったと思います。

日本で言うところの風邪(かぜ)は、中医学では「感冒」と呼ばれる外感病にあたり、
代表的な外邪としては風寒邪、風熱邪、暑湿邪などがあります。

葱

これらは多かれ少なかれ風邪(ふうじゃ)が関与し、
人間に対して風邪が迫ってくると、多くはまず体表に取りつき、
色々な症状を引き起こす。というのが中医的な捉え方になります。

講座では感冒の代表的な証と治法、
使える食材と薬膳を紹介しました

表証のうちに対処することが大事で、
このタイミングでは薬膳が非常に役立ちます(^^)

「あれ、風邪かな?」と思ったら
「証」を見極めて薬膳をつくり早い段階で治してしまいましょう。

-◆ 女性の養生講座

Copyright© 横浜の薬膳料理教室 胡桃の庭☆冷え・美髪・更年期対策(神奈川県横浜市) , 2018 All Rights Reserved.